2017年11月18日

今週のニュース 佐世保強盗殺人事件の雑感

わたくしはローカルニュースはよく見ています。
郷土愛がこの年になって強くなってきました。県や国はわりとどうでもよくて佐世保を中心とした県北地域に親しみを感じます。
北は平戸、南は東彼杵町あたりまで。
Vファーレンの昇格はうれしかったですね。
九州リーグ時代は総合グラウンドでもほんとに軽い感じで試合やってましたし県南エリアのチームといえどその頃の思いがあって応援する気になりました。
ラジオでVファーレンの試合ずっときいてはらはらどきどきしてました。
1点とってうおお、1点取られてうわああ、また1点とってうっしゃー、さらに1点とってうひゃー

てのが先週のお話。
そんな郷土愛あふれるわたくしが今週一番関心もったのが佐世保市でおきた殺人事件。
名前と年齢肩書だけ出で、被害者がどんな人か珍しくあまり情報がでてきませんね。こういう時はだいたい近所の人の「いい人だったのに」的なインタビューがあるものですが。
たまたまなのか悪い人なのかわかりませんがまあそれはいいでしょう。
容疑者の佐竹某。面構え、ほうぼうで借金してた事実、「タバコも買えない」というぼやき。これらからするとろくでもない人間ではあったようです。
ニュースで借金相手のインタビューがありました。

別のニュースでは容疑者の母が泣きながら謝ってました。
まあ親には育てた責任があります、とはいえそこまで追い詰めるほどの罪かというと。
親御さんや爺さんは逃げ出すはめにならないことを願います。
前に読書感想で東野圭吾の手紙に触れましたが、それとともにNHKドラマ「逃げる女」を思い出しました。
あれ佐世保ロケってことで毎回見てましたが、出来はいまいち。
それはいいとしてあれでも犯罪加害家族が社会から受けた理不尽な扱いが描かれてました。しかも冤罪。
所詮作り話じゃん、と言う人もいるでしょうが、我が佐世保には娘の殺人で自殺に追い込まれた弁護士が最近いたわけでして。
私も弁護士となったあかつきには犯罪加害家族支援のプロボノ活動やりたいものです。
加害者自身はわりとどうでもいい。加害者自身がペナルティ負うのはだいたいの場合において因果応報ですし。
理不尽と私が判断した時のみ支援します。



ランキング参加中、よければ↑応援クリックお願いします。


yakan3337 at 07:06コメント(0) | 佐世保 | 社会 

コメントする

名前
 
  絵文字