2017年11月29日

上京して受けたカルチャーショック

[画像:e61c3932-s.jpg]
おいが先週のローカルフリーペーパー「ライフ佐世保」ばなおしよったらふと思い出したとよ。
そいけんいくつか書くばい。

1 方言「なおす」が通じない
意味は「片付ける」です。
あれは新歓合宿の時、何か後片付けで「俺がなおしとくから」と言ったら「壊れてる?」と言われて愕然としたものです。
強烈な洗礼で今でも覚えてます。


2 方言「はわく」が通じない
あれは部に入り後片付けをしていたときのこと。
同じ一年部員に「さっさとはわこう」と言ったらまったく通じず愕然としました。
むしろ(「はく」って何だよ靴かゲロか、)と思ったものです。

3 豚汁の読み方が「とんじる」
あれは部活動が終わり先輩に連れられ食事にいった時のこと。
先輩が注文したんですよ、「とんじる」。
ずっと「ぶたじる」と読んできたので驚きました。そして私も即「とんじる」を注文し都会にかぶれたのです。

4 イタメシ屋
あれは最初のクラスコンパの時のこと。
我々はイタメシ屋にいくという話になりました。
都会じゃ焼き飯を「炒(いた)飯」というんだ、田舎とは違うなあと思いました。
そして行ったのは渋谷の洒落たイタリア料理屋。
愕然としました、都会は私の想像の一歩先をいってた。何か都会に負けた気分になりました、これは強烈でしたね。

5 ブラックモンブランがない!
九州は佐賀の竹下製菓が誇る至高のアイス「ブラックモンブラン」。
食べたくて探したけどコンビニにもスーパーにもなかったんですよ。
どこにもないことにショック受けましたね。
中学時代まではよく食べてたんです、高校で寮生活になってからは遠ざかりましたが。
ちなみに九州限定品であることを知ったのは21世紀になってからです。

まだあったと思いますがとりあえずぱっと思いついたのはこの五つです。
今となってはいい思い出です。


ランキング参加中、よければ↑応援クリックお願いします。


yakan3337 at 07:30コメント(0) | 佐世保 | 日記 

コメントする

名前
 
  絵文字