読書

2017年12月26日

読書感想 佐藤正午作「月の満ち欠け」

[画像:589f7477-s.jpg]
今年の直木賞受賞作です。
佐世保市在住の作家さんでローカルニュースで見て以来読みたいと思ってました。
佐世保市立図書館で予約したところなんと120人待ち。
あまりの人気に驚きました、待ってたら何年かかることか。
そして長崎県立大学図書館で借りました。こちらは待たずに借りれました。
学外の者でも長崎県民であれば図書館利用カード作って借りることが可能なようです。
市立図書館よりは専門書等ありますし今後こちらを積極的に利用しようと思います。続きを読む

yakan3337 at 18:04コメント(0) 

2017年12月20日

読者感想 垣根涼介作「人生教習所」

[画像:ae3a7234-s.jpg]
ひきこもり秀才が世に出るきっかけを得るため
元やくざや生活が苦しくなっていく引っ込み思案な女性が職を得るため
リタイヤ老人が人生を学ぶため
様々な目的で小笠原諸島の啓発セミナー合宿をこなす話です

続きを読む

yakan3337 at 11:59コメント(0) 

2017年12月11日

読者感想 貴志祐介作「鍵のかかった部屋」

[画像:ec2a044a-s.jpg]
つまらなかった、以上。
他に言うべきことはありません、あまりのつまらなさに四話中二話で読むのやめました。
少なくとも21世紀になって途中で読むのやめたのは初めてな気がします。
その前は20世紀、受験後に買った「ソフィーの世界」、ベストセラーってことで読んでみたのですがこれもかなりつまらなかった記憶があります。
続きを読む

yakan3337 at 07:54コメント(0) 

2017年12月04日

読書感想 湊かなえ作「山女日記」

[画像:f8aa6f14-s.jpg]
山を登る。
それはどの石に足を置くか、一足一足果てしなく探すこと。
まるで人生のようです。
山に登ってみませんか?

という工藤夕貴の語りで始まるのがドラマ山女日記。続きを読む

yakan3337 at 14:51コメント(0) 

2017年11月27日

読書感想 吉田修一作「路」

[画像:f805bc82-s.jpg]

 この物語は台湾の日本新幹線導入をベースとした物語です。
台湾が日本の新幹線を導入した現実の経緯を背景とし、メイン主人公とサブ主人公がどのように人生を歩んでいくかの物語です。
一年ごとに区切ってあるのですが、区切りのはじめに産経新聞の実際の記事を1ページずつ載せてるのがリアル感を醸し出してます。続きを読む

yakan3337 at 06:57コメント(0)